QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
keep

2017年01月16日

世界安靜下來



前些天在大學的班級群裏聊天,輔導員突然發來私信窗口:A你在在賣這個?你不是做編輯嗎?你到底在幹什麼?你辭職了?……一連好幾個問題,有點應接不暇。其他問題都沒有回復,只是弱弱的回了一句:沒敢辭。

生活有太多無可奈何,後來還是每天上班下班上班下班,本來想再寫一些除了上班下班之外的瑣事,發現真的沒什麼可寫的,就是上班下班上班下班。以前會去買菜做飯,和賣菜的阿姨嘮嘮嗑東問問西瞄瞄也挺好的,後來菜也懶得去買了,吃飯叫外賣或者泡面。其他人就是這樣過生活的,我為什麼不能這樣過呢?然後每天開始混日子,淩晨三點多睡覺,下午三點多醒來,洗洗涮涮東倒西弄一天也就過去了,開始第二天的生活,等待下個月的工資。

每次看到朋友圈有人曬出出差加班旅行戀愛約會的圖片都好感動,生活應該是這樣才對嘛,熱氣騰騰的,積極向上的。雖然很辛苦,但至少明確的知道生活是向上的。

前些天和幾個室友一起吃火鍋,一個在萬達工作的女生各種痛斥她的工作,這也不好那也不行,萬達和我的價值觀不一樣,我需要一個可以證明我價值的工作,我需要做出一些實質性的成就出來……

她不知道我有多羡慕她的工作,雖然很忙,隨時有可能被抓壯丁去解決工作上的問題,但在這樣一個知名企業工作承載越多成長就越快不是嗎?報酬也會水漲船高不是嗎?

有一個女生也抱怨說:最近男朋友總跟她吵架,還鬧著分手。

對一個至今單身的,各種初都還在的單身狗,你不覺得這樣太過分嗎?雖然我信奉戀愛自由,不強求不奢求,在對的時間剛好遇見對的人,主張不是找男朋友而是自然而然的遇見……這種歪門邪說,但也期待這愛情這種東西早點找到我。

她們這樣一說,我倒覺得我的迷茫反而不算什麼大事情了,所以該下班就下班,該玩手機就去玩手機好了,生活嘛沒什麼大不了的,過好眼前的苟且也是一種本事。

只是一種安慰,手機玩累了,嬉鬧著看完一個又一個視頻,假裝用很大的聲音笑出聲來,假裝自己開心得不得了,假裝工作很忙,假裝最晚一個回到家……但,當世界安靜下來,只剩窗外的霧霾和自己的時候那種醉生夢死的感覺又回來了,揮之不去。  


Posted by keep at 17:33Comments(1)生活

2016年10月19日

每個故事的結局



成長是一種告別,我們都終將學會告別熟悉的風景,告別無論多麼迷戀的曾經;青春是一場不散的電影,卻換了男女主角,我們倉皇揮手告別,說著或許再也見不到的再見。生活無論給我們每個故事的結局是哭還是笑,留給我們的是圓滿還是遺憾,它終究使我們成長,更接近美好探索四十 邪教

每段青春都有那麼一段故事,故事的主角是你是我,是我們相戀的卻再也回不去的曾經,此生最吝嗇的事情,就是想和你在一起,而你卻只當是一場遊戲,我卻傻傻的入戲太深忽略了現實中你我遠的無法碰觸的距離,有人說一場考試,四張試卷,卻離散了一群人。畢業典禮上你留給我的明信片,如今翻出來滿滿都是關於你的回憶,留給對方的一個簡單的擁抱,已經包含了太多說不出的不舍。你總能很容易感受到我的喜怒哀樂;你一句話便道出我心中所有的想法;在我不知道的時候,幫我解決我沒勇氣面對的不堪,在我不知所措的時候,你一個傻傻的笑已夠讓我感到心安。分別那天陽光正好,正如最初相識的時候,離別的話我們誰都沒敢說,只是最後一起走了一遍校園,道一聲青春再見。

還是會不經意的想起如今各奔東西的你們,在你留給我的筆記本上寫寫畫畫,想著你眉梢的笑意,做了一件犯傻的事後,回想起你曾說什麼時候才會長大啊。我也想有足夠的勇氣,在你離開的時候,奔向你離開的方向,從背後緊緊抱住你,抱住一生的摯愛再也不鬆開,我也想有足夠的自信,在你用盡所有的努力靠近我的時候,不再僅僅想著我的夢想,而一再把你推開。願曾經來不及正式告別的你們一切都好,感謝一路有你們的真情陪伴,讓我的青春之旅不再孤單;感謝那位曾經握著我的手讓我加油的老師,讓我的青春倍感溫暖;感謝那個曾陪我徹夜聊天開導我的小夥伴,讓我的追夢之旅不再無助;感謝那個曾一直陪在我身邊你,點亮過我的青春Pretty?Renew?退錢

願青春不老,故人不散;願孤單有人陪,付出有人懂;願你努力過好生活的時候,世界也溫柔待你,願與這個世界溫暖相擁,願有人陪你顛沛流離。我們所能做的,就是好好生活,看盡沿路的風景,細嗅生命的美好,那是愛的味道。路還很長,不要怕,時不時回過頭看一下曾經,我們都終將學會獨自一個長大美白丸



  


Posted by keep at 12:51Comments(0)生活

2016年09月20日

每一個告一段落



雯有時懊悔,有時欣喜,現在她知道了,她懊悔、欣喜的都是留給對方最後的印象。早知某一瞬間是一段重要關係的結束,她將不惜力地出演,盡心畫一個圓滿的句號。在每一個可能告一段落的時刻,她都不想在幾年、幾十年後抱憾了。

一切就像是電影。

雯在醫院b超室門口遇見了10年前的男朋友。當時她正在推門,而前男友正透過那扇玻璃門向裏望。電光石火間,兩人杵在那兒,迎了個照面。

10年沒見,短暫的驚詫後,兩人竟連頭都沒點,就此告別。

第二天,雯和女友晴聊天,感慨起這一幕。她有些八卦式的後悔,後悔沒看清楚誰是前男友的現任,但她又斬釘截鐵地剖白:“我絕無留戀,我們都當對方是畢生最大的恥辱。”

當年,前男友早她一年畢業來京工作。異地戀沒多久,他就說“累”,“發現優秀的女孩太多了”,接著提出分手。於是,她帶著簡歷沖向京城,邊找工作邊找他。她在前男友的單位、宿舍大鬧了幾次,問誰是所謂的優秀女孩,卻一無所獲。她還向前男友所有的好朋友哭訴,最後,在他“大街上隨便拉個人都比你好”的話中,徹底一刀兩斷。“分手時,兩人的形象都不夠好,所以10年沒見,見了仍像撞見鬼。”雯總結。

晴笑,笑著笑著,便提起她的前男友。分開2年後,有一次晴的手機丟了,補辦卡時才想起當年用的是前男友的身份證。晴硬著頭皮通過熟人找到他,說:“你能幫我去趟移動大廳……補卡嗎?”晴沒想到,當天下午就接到單位前臺的電話,她以為是快遞,看到的卻是前男友—他手中正拿著新手機卡。

晴用“感動”形容那一瞬間的感覺。當初分開時,兩人如大多數情侶一樣有許多不快的記憶,但自那天起,雖說再沒聯繫,晴想起前男友,就想起他所有的好。“熱心、仗義、愛幫助人。當然,也是因為我們的故事在那裏停止。”晴分析道太子補習社

“故事在那裏停止。”回去的路上,雯一直咂摸著這句話。

她回想自己的故事。如果不在“大街上隨便拉個人都比你好”停,往前一年,還在熱戀,停在那兒,她將一生懷念;往前半年,依依惜別之際,甜蜜憂傷參半,停在那兒,也未嘗不是美好的回憶;就算往前3個月,在前男友提出分手時就停,她也不會丟掉自尊,兩人也不會見到對方最醜陋的一面。如果人有前後眼,能左右每一段故事在哪一刻停,能清楚地意識到什麼時候該畫句號,是不是就沒有那麼多遺憾和對人對己的不滿?

雯想起若干在她生命中曾經很重要、故事卻已告一段落的人王賜豪醫生

比如一位恩師,他遠道來京,約雯吃飯。就在雯出發前,發現門被反鎖,而鑰匙找不到了,她在電話中一再致歉;恩師再次來京,再約雯,雯再度發生“事故”;至此,聽說在恩師口中,雯“無信”又“忘本”。

又比如,大學時的閨密斷了聯繫四五年後,忽一日給雯發郵件,請雯幫忙給與雯同行、應屆畢業的侄女提供點就業意見。雯手上正好有個實習機會,便順便推薦了該女孩。她們並無進一步的往來,但聽說,在閨密口中,雯仍是難得一見的熱心腸。

類似的人和事還有許多,雯有時懊悔,有時欣喜,現在她知道了,她懊悔、欣喜的都是留給對方最後的印象—早知某一瞬間是一段重要關係的結束,她將不惜力地出演,盡心畫一個圓滿的句號。

是夜,雯收到一條短信,是前領導發來的:“下個月移民加拿大,臨走前聚聚吧。”正在孕期的雯本想推辭,但想到前領導過去對她的種種好,更想到兩人的故事也許就此結束,“好,我一定出席。”她回。

在每一個可能告一段落的時刻,她都不想在幾年、幾十年後抱憾了同珍王賜豪



  


Posted by keep at 19:02Comments(0)生活

2016年08月23日

真愛那些日日夜夜



我愛你並不是因為你是誰,只是因為我喜歡與你在一起時的那個我……

真愛簡單如大山

真愛,真的很簡單,就是愛,只是愛;一個人與另一個人相處,相伴,看日出日落,季節更換。
“我愛你並不是因為你是誰,只是因為我喜歡與你在一起時的那個我”。這樣的一句愛的宣言,讀到的時候,正守著大山,在一山的青蔥之中,享受簡單。於是,忽然想到一個題目《真愛,簡單如大山》。同時也想到了如大山一樣簡單的愛情故事。

六百級天梯驚世駭俗的愛情

如果男人是山,女人就是縈繞山間的清風;如果男人是樹,女人就是依附於樹幹的藤蔓兒;如果男人是石,女人就是貼石而生的苔蘚和傍石而走的溪流……其實沒有如果,上帝造人,女人只是男人的一匹肋骨,天性就是相依相連,我中有你,你中有我。男人與女人的故事,也是開天闢地以來,人們不斷的演繹和傳說著的永恆主題。但那主題的骨核,應該還是簡單。
這是一道陡峭得連小鳥都飛不過去的山峰,隔斷了山外的世界。
誰也不會想到,有一個男人,就在這道山脊上,五十年如一日,每一天都扛著榔頭鑿子來,一榔頭一榔頭地捶,一鑿子一鑿子地鑿,為他的妻,鑿一步梯,鑿步步梯,一直鑿,風霜雨雪,寒冬炎夏,多少的日月見證過他的血汗啊,多少的清風曉露,滋潤過他疲累的身心!終於有梯了,一步,十步,一百步,一千步……竟是整整鑿出了六千步!這時他老了,他的美麗的妻也老了。多少個浸透心血和汗水的日夜啊,他來,他的妻也來。每一步石梯開鑿出來,他都拉著妻看,還總是跪在泥地上,用自己的衣袖先檫拭梯子,再讓妻上去站一站。這樣的時候,妻就笑,笑得很甜,一直甜了五十年。
這個男人姓劉,他的女人姓徐。五十年前,20歲的劉愛上了30歲的徐,而且徐是死了男人的寡婦。這樣的愛情,遭到了全村人的責難。於是,在一個月黑夜,男人牽著他的女人,還有女人的孩子,爬山越嶺,連他們自己都不知道是怎樣的翻越了這道陡峭的峰的!天無絕人之路啊,他們在山嶺深處找到一個岩洞,岩洞滴著水,他們就在這“水簾洞”住了下來MIOGGI淚溝
在這裏,他們什麼都沒有,惟有愛情。
其實對於真正相愛的人來說,有愛情就夠了,尤其在這高山流水情深意重的大自然中。藍藍的天,不染纖塵;清清的水,不染纖塵;曉霜夜露,清風瑞雪,天上的雲地上的草,連不時撞上的山鳥野兔,都是一樣的纖塵不染,純粹得只是天然樣兒。惟有這樣的地方,才能讓愛情也不染纖塵,在每一道晨昏的霞光裏,維持永遠的純粹天然。
愛情是極富動力的。既然要愛到地老天荒,就要在天荒地老的日子裏創造生活與生命的奇跡。其實這一雙男女並不懂得愛情的許多道理,他們只知道愛自己的男人或是女人,愛得很簡單,沒有情話,更沒有誓言。但他們懂得一個最簡單卻是最深刻的詞義,那就是“付出”。猶如大山,只是偉岸雄渾地站在天地間,以一山連綿深邃的青蔥和永遠堅實的蒼黃,任該長的長,該來的來打botox邊間好
那些日月,丈夫帶領妻兒,日出日落,背泥燒瓦,年年歲歲,老了歲月,生了白髮。終於,修建了幾間土瓦房。這就是愛巢了,連接那6000級愛的天梯,就是這一雙夫妻此生最大的成就,也是一段驚世駭俗的愛情最高的獎賞最美的見證了!
每一天,清晨或是黃昏,女人坐在自家的瓦屋裏,倚著門襤,一面摘菜,一面兩眼望向外面;外面,她的丈夫正在鋤地,他不時抬起頭來,望向門裏,望著他已經越來越老的妻。妻還是當年的妻啊,窮山惡水出來的美女,歲月永遠褪不去她臉上的簡單、純真和嫺靜——那是一個女人可以維持一生的美麗啊!
“我愛你並不是因為你是誰,只是因為我喜歡和你在一起的那個我”,這句話真的好動人,說出來,可以讓愛和被愛的人都十分的感動;然而,這個故事裏的男女主人公都沒有文化,他和她都不知道這個動人的句子,甚至也不知道如何講述自己與愛人在一起的感覺;但他們,用幾十年的日月堆積了一本豐厚的愛情書籍,讓讀的人可以在簡單了又簡單的情節裏知曉淺顯卻有時需要一生才能夠領悟的道理數學測試


  


Posted by keep at 17:10Comments(0)生活

2016年07月13日

讓時間慢慢的去撫慰



翻開記憶,只讀懂了淚,時間的利刃,劈開我們之間天涯,縱身一躍,那有情人的熱血,在牡丹花上燃燒,火滾的太陽,炙熱大地,那一片片火浪,在為你喧囂,在為你哀悼。噢!對了,那牡丹上的淚珠,仿佛看到了你的影子,真的嘞!原來是你,是你奪走了我的淚,奪走我的心,奪走我的所有!

忽然間,大海在呼嘯,烏雲扼殺了太陽的生命,這次既然沒留下一丁點兒血跡,唉!雷公電母怎麼能澆滅那癡情人用鮮血燃燒的火焰。溝壑裏雨水,有沙,有淚,有血,有我對你的一江癡情,那牡丹花兒,卻沒有一點眷念,一點兒挽留,你這絕情的花兒,我也曾經為你澆潤,最後你連祝福也沒有給我。

我那遍體鱗傷的心靈,別哭,別哭,海燕在哪里等我,她已為我築好溫暖家,等我飛向她的懷抱。然後,緊緊的抱著我,飛向了遠方?

掀開回憶,只剩下了傷和淚,就讓時間慢慢的去撫慰吧!  


Posted by keep at 16:15Comments(0)生活

2016年06月14日

蓄熱暖房機の傍の方



我が家のワンコは、ひょっとしたら、自分こそが飼い主とそれぞれ思っているかもしれません。
飼い主が寝ようと思って寝床にいくと、よくこういう状況になっています。

一応、向こう半分は飼い主のために空けて?おいてくれていますが、このところこういう状況で寝ていますので、毎朝起きたらカラダが痛いですreenex 膠原自生

ハクは冬の間は蓄熱暖房機の傍で寝ていました。飼い主の寝床より、蓄熱暖房機の傍の方が温かいと踏んでいるからです。
ハクは、どちらかというと「猫タイプ」かもしれません。
飼い主と凛太郎は肌寄せあって、温めあって寝ていたのですけどね。

凛太郎も好き勝手したいのかもしれませんが、子犬の頃からの習慣で一緒に寝るのがやめられないのかも。

で、冬が過ぎ、暑くもなく寒くもないこの頃は、ハクも飼い主のベッドにやってきて、画像のような状態になっています。

さて、最近の散歩事情ですが、今津総合運動公園でWORLDマラソンが開催される前日、ハクが芝生の上でウンチをして、それを回収していたら、ちょうどそこにおられた公園の方が「犬は芝生に入ってはいけない」と発言されましたreenex 膠原自生

ウンチは常に持ち帰っていますので高島市の条例に違反しているわけではないのですが、公園の管理者の発言ですので、今までサイコーの散歩コースと思っていましたが、とたんに楽しくなくなり、このところ公園にあまり行かないようにしています。

今日、行ってみたら「犬糞禁止」の看板が増えていました。

これからは、農道もたくさんあるので、農薬散布が行われていない時は、せいぜい農道で散歩させてもらおうと思っています。
私達にとって今津総合運動公園は車の心配をすることもなく、芝生もあって散歩の楽園でした。特に地面からの熱が伝わる夏場は凛太郎の健康面でも芝生の上を歩かせてもらえるのが最高だったんですけどね。とっても残念reenex 膠原自生



  


Posted by keep at 12:13Comments(0)生活

2016年04月12日

道幅を広くして踏



c前庭をどうにかしないと、凛太郎がシッコをできないので頑張りました。

この後、ハクにシッコをさせるために外に出そうとしましたが、昨日の後遺症があるのか、昨夜、夜中も屋根を滑り落ちる音がしていましたので、外がコワイと思っているのか、朝からシッコに行っていないのに出ようとしません。おいでと呼びかけると、ドア外まで出るのですが、すぐに逆戻り。

業を煮やした母ちゃん、ついにハクを抱っこです。玄関の外に連れだし、ドアを締めて、母ちゃんが先頭にたち、人間ラッセル車になり、いざ裏庭に。すると、ハクも後ろをついてきて、ついには追い越し、シッコしました。
凛太郎は途中までついてきましたが、道幅がせまいし、つけた足跡がガタガタだったので前に進めず抗議をしていましたが、自ら逆戻りし、玄関前で不足をわめき散らしていました。

要求を聞き入れ、母ちゃんは、凛太郎のためにさらに道幅を広くして踏み固めておきました。

表は車が出られるように頑張りました。その最中に、「表に出して」と、家の中でワンワンいっている凛太郎、手を休め表に出してやりました。
彼は少しの日向でも日向ぼこを楽しみたい派です。母ちゃんが作業に戻ってしばらくすると、またワンワン言っているので、「家に入れて」と言っているのかと見に行ったらさっきまで玄関前で日向ぼっこをしていたはずなのにいません。

「どこにいるのー」と呼びかけたら裏庭に探検に出ていました。5kg弱の凛太郎は余り沈まずに雪の上を歩き、ついに用を足しました。踏ん張ると沈むからワンズには積もりたての雪では用を足しにくいようです。

表は車が出られるかどうか、乗車して実験。OKだったので、やっとこワンズの散歩です。  


Posted by keep at 16:00Comments(0)生活

2016年03月17日

でも体が重くてうまく動い



天井を見つめている。もう何時間こうして仰向けになっているだろうか。遮光カーテンを閉めているから、正確にどのくらい経ったかわからない。
飲まず食わずただ天井を見つめていると、自分は何かしらの特別な存在になったかのような気がする。ひょとして悟りか何か開けるんじゃない?このまま天井を見つめ続けているところを誰かに発見されて、その人は僕のその悟りきった見つめ具合に感極まる。
「あなたの天井との融合はまさにファンタスティックのアメイジングだワ!」
などと囃し立てられ、最終的には新興宗教の開祖になって大儲けなんかもできるかもしれない。儲けたら何しようかな。とりあえずハーレー・ダビットソンのバイクを買おうかな。大型二輪免許なんて大層な資格は持ってないからやっぱりやめようかな。勉強なんかもうしたくないよ。じゃあ何をするんだろう。言うほど女遊びもお酒も好きじゃないからあまり使い道が見つからないな。
大金持ちになったことをきっかけに女遊びを始めるのもアリなのかもしれない。もうどうせ彼女にも振られてしまうわけだし、投げ槍になってみるのも男のひとつの楽しみなんじゃないだろうか迪士尼美語 有沒有效
いや、待てよ。
そもそも誰かに見つかる可能性なんてあるんだろうか。最近引越しをしたばかりの身だ。身寄りどころか友達にすらこのアパートを教えていないではないか。知っているのは僕と彼女だけ。だって僕らはここで一緒に住むことにしたから。でも彼女はもうここには来ない。そう、確信がある床褥推介
どうしよう。このまま天井を見つめ続けていていいのか?でも体が重くてうまく動いてくれないんだ。
あぁ、僕が不甲斐ないから、彼女に辛い思いをさせてしまった。彼女に我慢を強いてしまった。もっとしゃんとするのだ。僕の痛みなんて大したことないんだ。彼女のほうがずっと辛い思いをしてるに違いないんだ。
よし、起きよう。天井の染みが猫の顔に見えた話をして彼女を笑わせてやるんだ。そしてすっきりとした気持ちでお互いの道を歩き出せばいい。
今ならできる。天井を見つめながら思う。
天井にも感謝だ。僕の変てこな妄想をみんな受け止めてくれて、まるで海のような天井だ。天井よ、ありがとう。キミのお陰でまた前を向いて歩き出せるよ。
「泣いてるの?」
天井を見つめる視線の脇から突然顔が飛び出してきた。僕は呆然とその顔を見つめることしか出来なかった。
「いつ帰ってきたの?」
「さっき。シャワー浴びて出たら、あなたの嗚咽が聞こえるんだもの。吃驚しちゃった」
彼女の微笑みは、天井よりも遥かな器の大きさを感じさせたB雜



  


Posted by keep at 17:53Comments(0)生活

2016年03月17日

描き始めるのがわかる



ところで質問なんだけど、監禁ってどこまで許されると思う?相手を自分の部屋なり押入れなり、閉じ込めるじゃん。そこから何分が監禁なのかな。そもそもそんなボーダー無い?
相手と合意の上での監禁だったらどうだろう。縛られたり閉じ込められたり、放置されるのが好きな子がいたら、それはただの監禁ごっこで、犯罪に問われることは無いよね。監禁ごっこってかそれはもうただのSMプレイか。SMはあんまり興味が無いんだよなぁ。強姦だったら別問題だけどね。
世の中って不条理だと思わない?監禁されたい、放置されたい、強姦されたいって思って実際されてしまうマゾ気質は合法なのに、それが逆になっちゃうともうその時点で犯罪になってしまうんだ。合意の上じゃ監禁とも強姦ともならないじゃん。全然そそられないよね。恐怖だったり絶望だったりに震えている人に俺はとてつもない美しさと共感を感じて気持ちよくなるっていうのにさ。これじゃ俺が満たされる世の中じゃないよね。かといって世の中変えられるような頭の良さは持ち合わせていないんだよな。あぁ困った困った。
そもそも向壱にいつも「人が嫌がることをするな」ってありがたい教えを頂戴してるから、俺はいつまでもそういう世界にはダイブできないんだよな。自分の欲と向壱の教え、どっちが大事かって言われたらそりゃ向壱の教えが大事だと思う。向壱だからね。
この世の中ってサド気質じゃなくても本当生きづらいよね。俺なんてちょっと人より怠け者だから生きるのにすっごくしんどいんだよな。働くにしたって、なんで毎週五日って決まっているのかな。別に四日でも三日でもよくない?俺はそういう勤務スタイルを取りたいんだけど、世の中の企業様っていうのは中々そういうフリースタイルを認めてくれないんだよね。いつ決まったんだろうね、週休二日制って。日本の七不思議のひとつに入るんじゃないかな。グーグルらへんで調べれば簡単に出て来そうっちゃぁそうだけど鑽石能量水
向壱にそろそろ家賃が払えないからバイトでもすればって言われたから求人雑誌なんかを読んでみてるけど、どうもうまい具合に自分が働いている姿を想像できないんだよね。『バイトとはいえ、いち従業員であることは顧客にしてみれば変わらないので責任感を……』うんぬんかんぬん言われて完全に面食らっちゃったのが最後。みんな変わらない責任を負わされるならみんな同じ立場の従業員にしてくれればいいのに。本当世の中って意味わかんない。
求人雑誌を放り投げてカーペットに仰向けになる。やっぱり俺に働くとか無理なんだよ。将来は向壱に養ってもらおうかな。向壱も変態だから結婚とかできる気配が無いし、二人で助け合って生きていけばモウマンタイって感じじゃない?
……今は三月の末。次回の家賃の支払いは四月の半ば。ここまで一年間、日雇いで奇跡的に滞納を免れてきたから、今回もそんな感じになるんだろう。次はどこにしようかな。こないだのラベル貼るだけの工場バイトは中々良かったからあそこにもう一度アプローチしてみよう瑪姬美容
俺って社会の最底辺だなってつくづく思う。おまけに監禁やら強姦やら殺人に興味津々だから世話ないよね。
頭の中がぐるぐるとネガティブな方向へスパイラルを描き始めるのがわかる。こうなってくると危ないんだよ。
その時珍しくチャイムが鳴った。このシェアハウスに訪問客だなんて珍しい。誰か通販でもしたんだろうか。今俺しかいない時間なんだから、ちゃんと自分がいる時間に時間指定して欲しい。代引きだったら頼んだやつ鼻フックしてやろう。
「あいあいやーい」
部屋を出て階段を下り玄関の戸を開けると、緊張した面持ちの女性がいた。
見た感じ運送会社の人ではないな。しかもキャリーバッグにリュックに手提げ鞄と結構な大荷物だ。これはひょっとして
「……えと」
いや、言わないでおこう。俺に監禁されにわざわざ大荷物持ってくるような女の子がいるはず無いだろうが。はい、今そういう妄想をしていました。僅か二秒の出来事です。お許しください雪纖瘦



  


Posted by keep at 17:50Comments(0)生活

2015年07月22日

平平淡淡的甜蜜奔波

五月的山城,礦區周邊,公路兩旁,山溝遍野,潔白的槐花,如串串風鈴,掛在槐樹佈滿小綠葉和帶刺的樹杈上,葉搖花擺,老遠都能聞到槐花沁入心扉的芳香,深吸一口,透心的讓人甜美,這漫山的槐花伴著香味迎來蜜蜂在樹叢中嗡嗡作響,起起落落采蜜忙暗瘡治療

鳥鳴花開枝頭俏,蜜蜂飛舞蝶也忙,綴枝瓊花爭怒放,又逢五月槐花香,迎盼異鄉采蜜人,追花撲粉釀瓊漿。層層梯田油菜花黃的美景還來不及回味,悄悄然,溝壑丘陵一夜之間飄香,處處槐花怒放,綴枝欲折,遍野的槐樹林中,樹林路旁,星星點點的簡易帳篷,偶爾聽見狗的吠叫,簡單的生活用品,堆積起來的蜂箱,四季忙碌在路上異鄉蜂農,紛至遝來,趕著花期,懷著憧憬和希望,追逐著甜蜜,起早貪黑,漫不經意的穿梭在花的海洋,與花為伴,和蜜為伍,習慣著,這長期飄泊天涯,居無定所的孤獨生活,這就是采蜜人平平淡淡的甜蜜奔波,這就是對於他們來說,家的一切和生活的全水光槍價錢部。

花開而來,花落而走,追逐花季,收穫瓊漿是你們辛勤勞作的守望和期盼。朝陽日出,伴著花的芳香,空氣的新鮮,旭日東昇的太陽下,雨露雜草中帶著絲絲涼意的寂靜山谷中,怒開的槐樹林裏,渺渺炊煙升起,忙碌一天的異鄉客,簡單的梳洗,睡意朦朧中,帶著幾分倦意,戴上薄薄的面紗,手拿呵護與自己日夜相伴蜜蜂的工具,看著迫不及待采花釀蜜的辛勤蜜蜂,總是頗顯疲憊的臉上露出了絲絲笑意,靜謐的山谷裏唯有蜜蜂嗡嗡聲響的蜂鳴,這也許就是他們希望的樂章,伴隨著他們彈起了屬於他們一天的勞作和辛苦的生活旋律和音符。

清理蜂箱口雜物美麗華導遊,看看蜂框蜜的成色、割蜜搖瓊漿,看似簡單重複的工作,卻是細活功夫活,雖辛苦,卻釀造的是甜蜜。


  


Posted by keep at 19:34Comments(0)生活